NARD

メニュー

GLOBAL

R & D SYSTEM

研究開発体制

ライフサイエンス研究部

医薬・農薬を中心としたライフサイエンス系分野で長年培った有機合成技術を駆使し、ライフサイエンスに関わる研究開発のサポートを致します。

既知物質のサンプル合成はもとより、新規物質のデザイン並びに合成ルートの提案と実施、さらにライブラリー合成から製造プロセス開発まで幅広く対応致します。
また、専属の研究員が対応するFTE研究契約では、データベース検索、最新の合成装置、分析機器を駆使し積極的な提案を行い、 貴社の研究開発のスピードアップを図ります。さらにGMP対応が可能な ナードケミカルズとタイアップする事で研究用サンプルから拡大試作製造までの一貫した対応が可能です。

マテリアルサイエンス研究部

研究開発から工業化までトータルにサポート致します。

エレクトロニクス素材や次世代電池材料を中心とした機能性材料に関わる分野で、研究開発のサポートを致します。有機・無機・高分子合成・コンポジット化の技術を駆使し、新たな材料の創出に貢献致します。
ナードケミカルズとタイアップすることにより、研究開発用サンプルから拡大生産(ISO対応可)までの一貫した対応が可能です。

コーポレート研究部

長年に亘る受託研究で培われた技術をベースとして、将来のナード研究所の核となる研究を推進しています。

早い時代の移り変わりに対応しながら、将来の種となる事業や製品を開発するために中長期の目線で次世代の事業や製品を開発していきます。 開発された製品の販売展開に取り組むことも重要なミッションになります。
ライフサイエンス研究部、マテリアルサイエンス研究部と社内で緊密に連携を取りあいながら、他社との共同研究を通じて自社技術、自社製品の確立を目指しています。

研究開発体制に関するお問い合わせ

研究開発体制に関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ