NARD

メニュー

GLOBAL

PRODUCTS

製品・技術情報

Phos-tag技術

Phos-tag(フォスタグ)とは、広島大学の医薬分子機能科学研究室が開発したリン酸モノエステルアニオン(R-OPO32-)を中性pH(生理的pH)において捕捉する機能性分子です。
フォスタグ技術は、フォスタグを用いた画期的なリン酸化物質(R=タンパク質,ペプチドなど)の分離・精製・検出法です。

Phos-tag(フォスタグ)技術とは

タンパク質のリン酸化、脱リン酸化は、生体の情報伝達に関する重要な研究テーマの一つであり、生命機能に重要な関係を持っています。そのようなリン酸化過程の解明は、ポストゲノム研究の主要課題となっており、創薬ターゲットとなっています。

従来技術と問題点

酵素免疫法
・ 抗体が目標物質と特異的に結合する作用を利用しています。
・ 目標物質固有の抗体の作成、目的物質の入手、精製が必要です。
・ 抗体の作成には動物の免疫反応を用いるため、時間がかかります。
・ 数kDa以下の分子構造中のリン酸化部位に対する抗体を作成できません。
放射性同位元素を用いる方法
・ 放射性同位元素32Pを使用します。
・ 放射線の管理、廃液の管理に手間がかかります。

フォスタグ技術とは、フォスタグの持つ性質、即ち、中性条件下(生理的条件)、アニオン性置換基と結合する、特に2価のリン酸モノエステルアニオンと強く結合する性質を用いて、従来の酵素免疫法、放射性同位元素法に代わって、アニオン性置換基、特に2価のリン酸モノエステルアニオンを持つ物質の捕捉、また、今までは不安定で測定が困難だった不安定種リン酸化化合物をも安定化する技術です。捕捉された化合物は、一般的にpH 3〜4において、捕捉したアニオン性化合物を遊離します。

用 途

生化学分野、タンパク質、核酸などリン酸基を分子内に有するほとんどの化合物に対して標識化できるフォスタグの性質を利用して以下の用途が考えられます。リン酸化化合物のリン酸基をキャップして、核磁気共鳴,質量分析により比較試料とのスピン差、質量差により、未知のドナー検出に利用できます。フォスタグの持つ電荷を加えることにより、電気的な変化や質量変化が起き、電気泳動,クロマトグラフに利用できます。フォスタグをプレート,樹脂,ビーズ,繊維などに結合させ、それにドナーを捕集して、リン酸化されている化合物とされていない化合物を分けることができます。さらに、フォスタグを結合するプレート,樹脂,繊維などの選定により、リン酸基の数により分離することもできます。

Phos-tag製品

詳細な情報をご希望の方は,富士フイルム和光純薬(株)の製品情報をご覧ください。
http://www.wako-chem.co.jp/siyaku/product/life/phos-tag

ご注文は富士フイルム和光純薬 フリーダイヤル:Tel:0120-052-099

または代理店へ
http://wako-chem.co.jp/link/index.htm

りん酸化ペプチドをわける

電気泳動用試薬

Phos-tag™ Acrylamide 内容量 担持量(製品形態) 希望小売価格
AAL-107
(wako cat# 304-93521)
10mg Phos-tag/Acrylamide=1/1
(Mn2+-unbound ligand)
¥60,000
AAL-107M
(wako cat# 300-93523)
2mg Phos-tag/Acrylamide=1/1
(Mn2+-unbound ligand)
¥25,000
5mM水溶液 AAL-107S1
(wako cat# 304-93526)
0.3mL Phos-tag/Acrylamide=1/1
(Mn2+-unbound ligand)
¥15,000
Phos-tag™
SDS-PAGEプレキャストゲル
内容量 担持量(製品形態) 希望小売価格
スーパーセップ™Phos-tag™ 5枚 Phos-tag 50μmol/L 6-15% ¥30,000

りん酸化ペプチドを集める

アフィニティークロマト製品

Phos-tag™ Agarose 内容量 担持量(製品形態) 希望小売価格
AG-501
(wako cat# 302-93561)
0.5mL 3~5 µmol Phos-tag/mL-gel ¥20,000
AG-503
(wako cat# 308-93563)
3mL 3~5 µmol Phos-tag/mL-gel ¥98,000
Phos-tag™ Tip 内容量 担持量(製品形態) 希望小売価格
AG2-103
(wako cat# 387-07321)
8本 3~5 µmol Phos-tag/mL-gel
10μL-gel/Tip
¥19,500

りん酸化ペプチドが見える

PVDF膜上で検出・質量分析の感度UP

Phos-tag™ Biotin 内容量 担持量(製品形態) 希望小売価格
BTL-111S11mM水溶液
(wako cat# 308-97201)
0.1mL Phos-tag/Biotin=1/1
(Long Linked)
¥20,000
BTL-104
(wako cat# 301-93531)
10mg Phos-tag/Biotin=1/1 ¥70,000
Phos-tag™
Mass Analytical Kit
内容量 担持量(製品形態) 希望小売価格
MS-101KIT
(wako cat# 305-93551)
1set MS-101L 5mg
MS-101H 5mg
MS-101N 10mg
¥100,000

Phos-tag受託分析

Phos-tag SDS-PAGEの受託分析を承ります。

本サービスは株式会社ナード研究所とその関連会社の株式会社フォスラボによってご提供いたします。
株式会社フォスラボは Phos-tag開発グループによって設立された大学発ベンチャーです。

Phos-tag SDS-PAGE データ集
Phos-tagは広島大学大学院 医歯薬学研究科 医薬品分子機能化学研究室にて開発されました。

タンパク質のリン酸化研究を強力にサポートします

Phos-tag SDS-PAGEでこんなことができます。

in vitro
キナーゼアッセイ
キナーゼによる基質タンパク質のリン酸化を解析できます。
リン酸化基質と非リン酸化基質を定量的に可視化することができます。
細胞内のタンパク質の
リン酸化状態の変化追跡
細胞内のタンパク質のリン酸化状態を解析することができます。
目的タンパク質のウェスタン解析も可能です。
リン酸化バンドを検出後、
質量分析によるリン酸化部位の決定
1分子内のリン酸化数が同じでもその部位が異なれば、異なるバンドとして検出できます。
染色後のゲルからバンドを切り抜いて、質量分析することもできます。

※ 弊社では質量分析を承ることができません。

Phos-tag SDS-PAGEの原理

アクリルアミド化されたPhos-tag試薬をSDS-PAGEに共重合させ泳動中のリン酸化タンパク質をトラップする。リン酸化フォームに応じて分離される。

分析のご依頼からデータ納品まで

  1. 1ご相談

    株式会社ナード研究所または株式会社フォスラボにお問い合わせください。
    Webサイトのフォームからご依頼の旨をご連絡いただいても結構です。

  2. 2詳細打ち合わせ

    解析のご要望を伺います。
    必要に応じて守秘義務契約の締結、サンプル調整についてのご説明などをいたします。
    ご希望の解析につきましてお見積案を提示いたします。

  3. 3サンプルのご送付

    通常のSDS-PAGE 用に調整したサンプルをご用意ください。
    目的タンパク質をウェスタン解析する場合は、その抗体を数マイクロリットルご用意ください。

  4. 4一次検査

    通常のSDS-PAGEを行います。
    この結果から、解析が可能かどうかを判断し、中間報告をいたします。
    止むを得ず中断する場合は基本料金のみいただきます。(5営業日以内)

  5. 5Phos-tag SDS-PAGE 解析

    Phos-tag SDS-PAGE による解析を行い、データを納品いたします。(10営業日程度)

本サービスは 株式会社ナード研究所 とその関連会社の 株式会社フォスラボ によってご提供いたします。
株式会社フォスラボは Phos-tag開発グループによって設立された大学発ベンチャーです。

Phos-tagカスタム合成

各種標識,単体への固定,アミノ酸導入などの化学修飾を施した,特別なPhos-tag 化合物を合成いたします。
Phos-tag カスタム合成品のページをご覧ください。

製品・技術情報に関するお問い合わせ

製品・技術情報に関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ