ナード研究所の技術キーワード

昇華精製装置の販売

有機合成化学者の経験とアイデアを盛り込んだ昇華精製装置を提案します。
精密な温度制御により、高純度の有機化合物を製造することができます。

昇華精製装置構成

1. 昇華部
2. 環状ヒーター部
3. 真空排気部
4. 冷却トラップ部
5. 電子制御部

昇華精製装置のイメージ

特徴

1. 独自技術により、高い収率を実現することができます。
2. ヒーター構造を最適化することにより、精密な温度制御が可能です。
3. 高真空ポンプを使用することにより、物質の熱分解を最大限防ぎます。

応用

有機EL、有機太陽電池、有機トランジスタ用の有機半導体の精製
高分子合成用のモノマーの高純度化

標準モデル仕様

モデル HX05 HX10 HX20 HX30
昇華管外径 50mm 100mm 200mm 300mm
処理量目安 10g 100g~500g 500g~2.5KG 1KG~10KG
ヒーターゾーン 3~5ゾーン 3~5ゾーン 3~7ゾーン 3~9ゾーン
加熱上限 450℃ 450℃ 450℃ 450℃
真空ポンプ ロータリポンプ
拡散ポンプ
ロータリポンプ
拡散ポンプ
ロータリポンプ
拡散ポンプ
ロータリポンプ
拡散ポンプ
真空度 10-6torr以下 10-6torr以下 10-6torr以下 10-6torr以下
ホームページ掲載以外にも実績や事例が多数ございます。お気軽にお問い合わせください。
ページトップへもどる