ナード研究所の技術キーワード

受託合成サービス

サンプル合成 探索合成
○ 有機化学 ○ 無機化学 ○ 高分子化学 ○ コンビナトリアル合成技術
合成法検討
○ 精製技術 ○ 合成法調査 ○ フロー合成
合成プロセス開発
○ スケールアップ処方の確率 ○ 工程改良研究 ○ GMP対応研究 ○ FTEサービス
製造
○ ナードケミカルズ

1. サンプル合成、探索合成

有機合成スポット受託合成あらゆる有機合成反応を検討します。

鈴木カップリング Buchwald アミノ化 ヘック反応 Stille カップリング
薗頭カップリング ウルマン反応 根岸カップリング 光延反応
Mannich 反応 Wittig 反応 HWE 反応 グリニャール反応
ガブリエル合成 ジョーンズ酸化 マイケル付加 Simmons‐Smith
cyclopropanation
ウィリアムソンの
エーテル合成
複素環化合物合成 接触水素化 NaBH4還元
LiAlH4還元 縮合反応 オレフィンメタセシス などなど

コンビナトリアル手法によるライブラリの受託合成実施例

高分子合成の受託合成

10Lスケール常圧反応装置
スリーワンモーター
窒素フロー管
窒素フローメーター
攪拌羽根
冷却管
窒素ボンベ
熱電対1
10L セパラブルフラスコ
トラップ
マントルヒーター
熱電対2
温度コントローラ2台
加圧反応
 
脱水、脱酸素反応

セラミックスの受託合成(固相法プロセス例)

秤量・混合
混合は乳鉢・遊星ボールミル・SCミル等を用いて行います。
仮焼
反応時のガス放出等が原因でサンプルが飛散することがあるため、仮焼を行います。
ペレット成型
プレス機を用いてペレット状に成型します。
焼成
マッフル炉、管状炉(雰囲気制御可能)を用いて、焼成します。(MAX温度:1500℃)
粉砕・分析
乳鉢・遊星ボールミルを用いて粉砕します。X線回析で同定、ICPで組成比を確認します。

2. 合成法検討

連続フロー合成プロセス

連続フロー合成プロセスを確⽴するために種々の条件検討を実施し、数g~数1000gのターゲット化合物合成を実施いたします。

「マイクロリアクタ」と「連続式撹拌層リアクタ(CSTR)」により、反応時間ミリ秒~数時間の合成に対応できます。必要に応じてバッチ法での合成を組み合わせることが可能です。

有機化合物の精製

  • 再結晶(晶析)
    ・冷却法
    ・貧溶媒添加法
    ・濃縮法
    ・溶媒の選択
    ・不純物管理
  • 蒸留
    ・単蒸留
    ・精密蒸留
    ・減圧蒸留
  • クロマトグラフィー
    ・オープンカラム
    ・分取HPLC
    ・リサイクルGPC
  • 昇華精製
    ・減圧昇華精製
    ・トレインサブリメーション
    ・気相結晶成長
  • クリーン環境
    ・クリーンブース
    ・クリーンルームクラス10000
    ・クリーンドラフトクラス100

3. 合成プロセス開発

FTE研究

依頼内容確認
○目的、目標 ○処方・実績の有無
計画書作成
○検討項目 ○スケジュール等
実施
○貴社とのコミュニケーション重視 ○提案型検討
報告
○週報(月報)○終了報告

FTE研究事例

原料の選定 海外バルク原料調査、原料委託製造管理
反応条件の検討 製造可能な処方の設定、収率改善、危険反応の回避、副生成物抑制、
コストダウン処方の設定
単離精製法の検討 クロマトグラフィーの回避、結晶化の検討、純度向上、不純物コントロール
品質試験法の設定 中間体の試験法の設定、製品の品質試験法の設定、試験法バリデーションの実施
GMP原薬製造処方設定 反応・処理条件の確率、不純物コントロール、原料・重要中間体の規格設定

4. 製造

ナードケミカルズISO9001、GMP 認証工場

ラボ実験処方をそのままスケールアップできる設備があります。

  • 反応工程
    反応工程
    セパラブル反応釜30~400L 反応設備のアレンジが可能です。
    反応釜最大容量3000L
  • 後処理工程
    後処理工程
    100Lエバポレータによる濃縮乾固が可能です。
  • 精製工程
    精製工程
    200Lシリカゲルカラム精製
ホームページ掲載以外にも実績や事例が多数ございます。お気軽にお問い合わせください。
ページトップへもどる