ナード研究所の技術キーワード

有機EL材料

弊社では視認性、応答性、省電力性などに優れ次世代のディスプレイとして注目を集めている有機EL材料の受託合成を行っております。Alq3に代表される金属錯体、TPD、NPD といったアミン系材料から、Ir(ppy)3のようなりん光材料まで幅広い化合物の合成実績があります。合成ルートが未知の化合物についても構造をご提示頂ければ、弊社にて CrossFire Commander(ELSEVIER)、SciFinder(JAICI)等の情報検索ソフトを駆使し、類似化合物の合成実績を検索することで、合成ルートの提案をさせて頂きます。また、合成ルートに不確実部分が多い場合は、一定期間の研究という形でお受けすることも出来ます。

合成した化合物は弊社オリジナルの装置で昇華して納品することも可能です。(1g~kgスケールまで対応)昇華精製のみの受託も対応しております。

また、弊社の100%出資会社である(株)ナードケミカルズと連携することでkgスケールでの製造にもスムーズに移行が出来ます。

ホームページ掲載以外にも実績や事例が多数ございます。お気軽にお問い合わせください。
ページトップへもどる