ナード研究所の技術キーワード

金属ナノ微粒子

当社では粉砕、蒸着等とは異なる“化学的な処方”を用いて、ナノレベルの微粒子合成を行っております。

実績

(1) 界面活性剤の導入で、分散性が極めて優れたスラリーが得られます。
(2) 微粒子の形状、粒子径が一定です。
(3) 合金あるいはセラミック等との複合材料形成が可能です。

用途

導電材料、磁性材料、燃料電池用触媒、その他触媒等。

合成実績

Pt微粒子(2~3nm)
TEM

Pd(2~5nm)
Ni(数10nm)
Fe(数nm~30nm)
Pt(2~5nm)

ホームページ掲載以外にも実績や事例が多数ございます。お気軽にお問い合わせください。
ページトップへもどる