ナード研究所の技術キーワード

マイクロリアクタ/連続式撹拌槽リアクタ

連続フロー合成プロセスをご提案します

  • 反応条件最適化
  • 連続運転テスト
  • 新規反応プロセス開発

反応時間、反応条件に応じて適切なフロー合成プロセスをご提案します

連続フロー合成プロセスを確立するために種々の条件検討を実施し、数g~数1000gのターゲット化合物合成を実施いたします。

マイクロリアクタおよび連続式撹拌槽リアクタにより、反応時間ミリ秒~数時間の合成に対応できます。
必要に応じてバッチ法での合成を組み合わせることが可能です。

バッチ法での合成

マイクロリアクタ

ミリ秒から数分の反応を精密制御いたします。
滞留時間─温度マッピングによる反応条件の探索と最適化をおこないます。

最適化された条件で、連続合成を実施いたします。

ミキサは単純Y字型、T字型、スタティック型、へリックス型、V字型をご用意できます。
ミキサをお持込みいただいての検討も歓迎いたします。

特殊なデバイスが必要な場合もご相談ください。

マイクロリアクタ

連続式撹拌槽リアクタ(CSTR)

数分から数時間の反応に対して効率的な混合かつプラグフローでの連続反応を実現します。
触媒反応や、反応中の析出物を伴う反応など、スラリーを含む系でもフロー連続合成が可能です。

[気体─液体]、[液体─固体]および[気体─液体─固体]の系でも反応できますので、
より高い自由度でプロセス開発をご検討いただけます。

いずれの検討や製造も、FTE契約でご利用いただけます。
弊社の他のサービスとの組み合わせも可能でございます。お気軽にご相談ください。

ホームページ掲載以外にも実績や事例が多数ございます。お気軽にお問い合わせください。
ページトップへもどる